> リンク集  >サイトマップ  > お問い合わせ  

入院のご案内
 入院形態
 入院手続き
 持参して頂くもの
 入院生活について
 ご面会について
 他科受診について
 禁止事項
 入院費のお支払いについて
入院のご案内
 入院形態
精神科病院にはいくつかの入院形態があり、当院では2種類の入院形態があります。
任意入院とは・・・?
患者様本人が「入院します」と同意をした場合です。
入院した日付・名前・生年月日を自筆で記入し、印鑑を押して頂きます。
医師は、書面による入院の意思の確認を取らなければなりません。
任意入院の場合、ご本人の印鑑が必要です。
また、ご本人の申し出があれば、退院が可能です。
医療保護入院とは・・・?
患者様本人は入院を拒んでいる(または意思確認が取れない)けれど,精神保健指定医が入院は必要と診断した場合に医療保護入院に対する同意を取って入院させるケースです。
医療保護入院の場合は、同意者になる方の印鑑が必要です。
 *同意者とは「家族等のうち、いずれかの者」の同意があれば医療保護入院は可能です。(優先順位はありません)
※医療保護入院の際の必要書類に関して、入院時に相談員が説明をいたします。
  その他ご質問があれば相談員にお尋ねください。
 入院手続き
必要なもの
・各種健康保険証
 毎月、月初めに健康保険証の確認が必要となりますので、事務窓口にご提示をお願いします。
 入院中に保険証が変更になった場合は速やかにお申し出ください。
・その他お持ちの認定証、受給者証
 減額認定証がある場合は食事代が減額されますので事務窓口へ提出して下さい。
 提出されない場合は減額されません。
・印鑑
・診療情報提供書
記入していただくもの
・任意入院同意書
・預り金管理業務等に関する約定書
・ご本人とご家族の住所、氏名連絡先
(*精神保健福祉法に基づく入院手続きについては入院形態に応じた手続きが必要です。
 手続きについては当院ケースワーカーがご案内します。)
 持参していただくもの
持参用品等
洗面器、タオル、バスタオル、プラスチックコップ、歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔フォーム、ヘアーブラシ、
シャンプー、リンス、電気カミソリ、化粧水、普段着、下着、スリッパ、運動靴、ティシュペーパーなど

*ただし入院される病棟により異なるので、詳しくは看護師よりご案内致します。
*院内で購入可能なものも有ります、看護師におたずねください。
*病衣は有料で1日75円です。
*おむつは実費負担にて当院指定品を使用することをご了承願います。
持ち込み出来ないもの
高価な宝石・貴金属類、刃物、ライター、ビン類などの危険物
 入院生活について
入院されてからは治療と共に社会復帰にむけての援助が始まります。
薬での治療と作業療法(工作、書道、カラオケ、園芸)等を行いながら、院内行事及び地域行事に参加しながら入院生活を送っていただいております。
・お小遣い
 お小遣いは入院時事務に預けていただき、病院管理となります。
 面会などでも患者様にお金を渡さないようにお願いいたします。
・洗濯
 コインランドリーにてご自分で洗濯、又はクリーニング業者に委託も出来ます。
・理容、美容
 月に一回程度、理容師・美容師が当院に出張します。
・買い物
 院外のお店で外出しての買い物になります。週に一回、院内購買にて買うことも出来ます。
・通信
 電話、手紙等、基本的に自由です。
*上記の事は患者様に状況により異なります。入院病棟にて詳しくご案内します。
 ご面会について
午前10時から午後4時までです。
患者様の状態や医師の判断で面会が出来ない場合もあります。
 他科受診について
身体合併症などで他の専門医の受診が必要になった時は、必ず前もって看護師へお申し出ください。
受診日にはご家族の同伴をお願いします。
 禁止事項
・無断での外出・外泊。(外出・外泊は届出が必要です。)
・病院内へのお酒の持ち込み、飲酒。
・入院期間中の車の駐車
・宗教の勧誘
 入院費のお支払いについて
医療費は毎月末に締め、翌月10日頃に請求書を発行致しますので、月内に事務窓口又は銀行振込でお支払いください。
そのほか、日用品、おやつ、たばこ、電話代などで月平均15,000円程度使われています。
小遣いは病院管理になるため、管理料として一ヶ月2,050円頂いております。

ホーム清水桜が丘病院について外来診療のご案内入院のご案内アクセス

北海道釧路市にある精神科の医療法人清水桜が丘病院です。
患者様が安心して療養できるよう、安全で快適な環境を提供し、
様々な年代の方々の心の問題に取り組みます。
Copyright© 1964- 医療法人 清水桜が丘病院 All Rights Reserved.